自転車

自転車改造 ATX750

富陽で自転車の遠乗り、ツーリングに出かけるときはいつもメリーダのチャレンジャープロに乗っている。
もう一台のGIANT ATX750はもっぱら通勤にしか使っていない。

メリーダはハードテイルのMTBで26x2.15のブロックタイヤを履いている。しかし、此処富陽では殆どアスファルトの上だけなので、真ん中のブロックだけが減ってしまっている。一方、ATX750は友人から譲り受けてもらった、私の最初のMTBで結構愛着が有るが、それでもフロントサスは殆ど動かなくなってしまったし、タイヤもだいぶ磨り減り、細かなひび割れもでている。思えば、私の手に来てからも2年半、前の持ち主から数えれば4-5年は経っているのでは?

そこで、ATX750のタイヤ交換を機に改造し、アスファルトの上で軽快に走れるようにしようと考えた。

1.タイヤ交換、26x1.5のスリックタイヤにする。チューブも交換。前後二本で136元。
2.フロントフォーク交換、リジッドタイプにする。カーボンが好いのだが高い、アルミなら198元。
3.Vブレーキをディスクブレーキに交換。Avid BB5がローターも含めて前後で398元。
4.ケーブルも同時に交換。セットで20元。

今なら8.8掛け(12%引き)だった。
16日、午前中から自転車店で交換作業を始める。結局昼過ぎまで掛かってしまった。工賃は取られない。部品代だけである。調整もしてくれる。
しかも、クランクから異音がするのだが、BBに問題があるのではないかと分解して調べてくれた。結果はかなりゴリゴリして、グリースも無いのだろうか。とりあえず、今はまだ乗れるとのコメントだったので、今回はそのままにしてもらった。
日本から考えれば安いのだが、それでも661元も使ってしまったのだ。

是で、今後アスファルトの上のツーリングはこのMTB改造のクロスバイクで出かけることにしよう。今までブロックタイヤで重い重いとやっとの思いで後をついていったのだが、これからは軽くなった足回りで余裕で着いて行ける(?)かな。

今後も具合の悪いところは早めにメンテナンスして必要があれば部品交換をしてゆこうと思う。
BBの部分など、自分ではなかなか交換できない。部品も高級品でなければそこそこの価格で(日本に比べれば安く)交換できるようなので、自転車店と仲良くしてメンテナンスしてもらうためにも、時々は買い物したほうがよいのかもしれない。

自転車通勤

10月から11月にかけて日本に戻った折、26kmを自転車で通勤してみた。
自転車は10年ほど前に息子に買ったMTBライクなスポーツ車で、フレームは一寸小ぶりだ。息子用(当時小学校6年)だった事を考えれば仕方ない。
二年前から日本へ帰るたびに休日は乗っていたが、通勤に使ってみようと思った。
車での通勤は30km以上になるが、自転車では最短コースを取れるので26kmになる。
タイヤはひび割れ、チェーンは錆びており、ハンドルやハンドルポストも錆びている。
チェーンにオイルを挿し、タイヤは空気をいれ、ハンドルなどの錆は出来るだけふき取り、整備した。
前3速、後ろ7速のSHIMANOのコンポーネントで、シフトはグリップについている回転式のものだ。
MTBライクで26インチのブロックタイヤだが、フロントのサスは無い。空気圧を高めに入れるとさすがにごつごつとハンドルに衝撃が来る。
シートは中央が丸く山形になっており、最近のスポーツ用の中央が凹んだものではない。そのため、長時間乗ると尻が痛い。

初日は1時間30分を切った。しかし、着いたら汗びっしょり。着替えが必要だと思った。
帰りは霧雨で暗くなってしまった。このために中国での夜間サイクリング用に購入したフラッシュライト(UltraFireC3)を持ってきて取り付けたため、走行に不安は無い。
しかし、1時間40分を越えてしまった。
行きは朝食を取った後なので、エネルギー十分だが、帰りは昼食後時間を経過し、夕食前のすきっ腹なので途中でへばってしまう。

一日は雨で自転車通勤を見合わせ、休みを挟んで都合4往復、200km以上を走ったことになる。
結果は、体力不足、持久力不足を感じた。中国で走っているとは言え、週一回では体力増強には心もとない。通勤の様に毎日を走るとなると又違った体力が必要だ。
中国へ戻る日には太ももに若干の痛みが残った。

これからは中国でも回数を増やし、鍛えなければと思う。
又、タイヤをセミスリックの細めに替え、サドルをスポーツタイプのものに変更し、より快適に通勤できるようにしたい。

自転車通勤はエコであり、健康にもよいが、通勤経路の道路事情に大きく左右される。
私の使う経路は途中に余り快適といえない部分が多い。
自転車に乗って初めて判るが、車道と歩道を仕切る縁石と車道の舗装の関係が悪い。
縁石には雨水の処理のためかコンクリート部分が車道側に30cm近くあり、舗装のアスファルトがその境目で大きな段差になっていることが多い。
自転車で歩道を走れればよいが、歩道には縁石の内側にガードレールがあり、狭い幅をさらに狭め、その上街路樹や、電柱なども歩道内に設置され、自転車が普通に走行できる状況ではない。
自転車も車両の一部なので当然、車道を走るべきだと思う。しかし、道幅が狭く、上記の様に車道も走行しにくい。
これ等の状況を改善しなければ自転車通勤の増加は望めないだろう。

田舎でも快適に自転車通勤が出来るような日が来る事を望む。

20091014 夜間サイクリング

日本から戻って中国での生活を再開した。

10月14日、騎兵団のメンバーと夜間サイクリングに行く。前日の火曜日は集合地点まで行ったら雨のため中止だった。今日は晴れ、メンバーも集まっている。しかし、6時半の集合は少し忙しい。5時半に仕事を終え、急いで帰宅、簡単な食事と着替えで集合場所まで8kmを急ぐ。何とか間に合う。

距離も短い設定なので、女性の参加も多い。老人の私にはゆっくりしたペースになるのでうれしい限りだ。

20091014_bike

走行距離は約44kmとなった。集合場所まで8kmを換算すると、集合場所から約30kmのコースと思われる。平均速度は20km/h程度。騎兵団のペースとしてはゆっくりだ。

日本で、二つのアイテムを購入した。一つは懐中電灯。もう一つはチェーンクリーナーである。

懐中電灯はdealextreemで通信販売。UltraFireのC3-P4。14ドルだったか。ペイパルで支払い、1330円ほどだった。円高の今は買い時かもしれない。注文し、届いたのが日本を出国する前日。動作確認も一瞬だった。何事も無く使えているが、不具合があったらどうしようかと言うところだ。ちなみに、dealextreemは中国からのアクセスは出来ない。日本に戻ったときに利用するしかない。

チェーンクリーナーはアマゾンで購入。此方は注文して翌日発送、3日後には届いた。

利用感想、電灯はGENTOSのSG305と一緒に使ったが、明るい。SG305を手前の5mくらいにあわせ、C3-P4をその先を照らすようにすると真っ暗な田舎道も全く安心して走れる。
購入して正解だった。

チェーンクリーナは低価格に引かれた BARBIERIチェーンクリーナである。ネットのコメントは壊れやすいとあったが、今のところ壊れずに使えている。ただし、リアのディレーラに取り付く部分がSHIMANOのdioreに合わない。結局左手で支えていなければならず、一寸がっかり。使った結果はまあまあ、きれいになった。時々使えばチェーンの油切れで異音がするのは避けられそうだ。

そのほかに、ガーミンのハンドルバーマウントとソニーの充電器を購入。漸くGPSをハンドルバーに取り付けて利用できる。ソニーの充電器は単4電池を4本まで一度に充電できるので購入。SG305は単4を3本使うので、同時充電は非常に効率的だ。

これから寒くなるので、夜間の自転車には長袖、長ズボン、さらにはアノラックやタイツの着用が必要になってくるだろう。身軽に済んだ東莞が懐かしい。

20090819 自転車の一年

8月16日でメリーダのチャレンジャー号も購入から一年になった。
昨日の夜間サイクリングで走行距離は2400kmになる。
購入後様々なところへ行ったが、中でも、香港へのサイクリング、黄山へのサイクリングがとりわけ印象深い。

香港へのサイクリングはUNCLEの誘いで悪泥連隊のメンバーで出かけたものだ。Uncleと南極光が格安ホテル(マンションの一室を貸し出ししている)を探してくれた。天気にも恵まれ、香港の川沿い、海沿いのサイクリングロードを満喫できた。
夕食も二人の手配でなべをつつき、楽しいひと時だった。
夜は鹿島さん・長谷川さんとビールを飲み。なくなると近くのコンビニに買出しに行くなど遅くまで飲んだ。同行したRainbowには眠れなくて迷惑だったかもしれない。
その後、長谷川さんは日本へ戻ったが、今でも自転車に乗っているだろうか。

黄山へは国慶節の休みを利用して、南極光、Rainbowの3人で出かけた。途中、南極光のタイヤがナイフの刃を踏んで1cm以上裂けてしまったアクシデントが有ったり、最終日は雨に降られて急遽合羽を買い込んだり、帰りの列車のチケットを到着後直ぐに購入したのはよかったが、日付を間違え、一日後のチケットだったため、指定席に座れず、通路に座ることになったりとアクシデントづづきだった。又、自転車を列車に載せるのもせっかく持っていった輪行袋が使えず、むき出しのまま荷物扱いで載せるなど、中国で列車に乗ったこと事態が初めてだったが、様々な初体験の連続で旅を楽しむことが出来た。

一人では近くの道を走るだけだが、仲間の助けで遠乗りが出来る。新しい経験が出来る。うれしいことだ。

次の一年ではどんな経験が待っているだろうか。

自転車-其の七

とうとう新しい自転車を手に入れた。

16日夕方メリーダの店へ行く。既に組み立てあがっている。前の自転車から外したメーター、ヘッドライト、テールライトを組みつけてもらう。

P1100163

赤が美しい。

試乗、サドル高さを調整し、乗ってみる。軽い。きびきびした感じ。ブロックパターンのタイヤもごつごつした感じもあるが、最初の印象ほどではない。

デュアルコントロールレバーの高さがちょっと合わない。左はフロントの変速で下に押し込んでトップ側へ入れるのだが、ストロークが大きいので押し切れない。もう少し上げてもらう。

残金を払って早速広場まで乗ってみた。

P1100170

広場はオリンピックの放送を大画面テレビで見る人でにぎわっている。真っ赤な自転車は目立って人目を引いていた。ちょっと照れくさい。

これからはこの自転車が相棒だ。

自転車-その六

8月13日、新しい自転車を注文してきた。

Merida製Challenger Pro、色は赤。ブレーキレバーと変速レバーを両者が一体となったShimano Dual Control Leverに変更してもらった。其のほかにも、ハンドルバーはフラットなものに変更し、サイズも少し切り詰めてもらう。ペダルもオリジナルはアルミの地肌色なので、黒のものへ変更。グリップも扁平な手のひらが痛くならないタイプに変更。タイヤもブロックタイヤのごつごつが強いので、もう少し軽いものへ変更。

引渡し予定は日曜日だが、土曜日に出来るように要請した。

楽しみだ。

続きを読む "自転車-その六" »

自転車-その五

旧正月休みで日本へ戻っても週末は雪で古い自転車を持ち出すことが出来ませんでした。15日になって(中国へ出発する前日)漸く時間がとれ、古い自転車を持ち出しました。

タイヤは空気が抜けてペシャンコ、チェーンは外れ赤く錆び、ハンドルバーも錆びだらけです。

オイルを持ち出して、歯ブラシと金属ブラシでこすってみましたが、錆を落とすまでにはいたりません。チェーンにオイルを挿し、根気好くまわしていると、初めは渋かった音もだんだん軽快に変わって行き、変速機にもオイルを注し、その結果、チェーン・変速機も動作するようになりました。

購入当時は全く気にしていませんでしたが、変速機は前後ともSHIMANOです。8年も前に息子のために購入したものですが、通学には使えないとのことで、結局殆ど乗らずにおかれていて、たまに自分が買い物や気晴らしに乗るだけでした。

シャーシーをよく見ると、「Designed by BRIDGISTONE Made in China」となっています。フロントのサスペンションが無いので、本格MTBではなく、流行のクロスバイクの先駆けみたいなものだったのかもしれません。価格も安かったように思いますし、街乗り専用で初心者用なのでしょう。

P1050327 P1050329

早速、近所のホームセンターまで買い物に利用しました。SHIMANOの変速機は多少硬いものの、前後共にきちんと働きます。タイヤもペシャンコで心配でしたが、空気漏れも無く、近くを散策する程度なら十分使えそうです。日本へ帰ってきてからの楽しみが出来ました。

自転車-その四

その二・その三で書いたように、中古ですが自転車を手に入れました。

P1050030 P1050033

前の自転車に比べて2kg軽いので、取回しがとても楽に感じます。また、付属しているSHIMANOの変速機は高級モデルではありませんが、やはり以前のものに比較したら的確に変速でき、楽に走れます。

前の持ち主たち(私で三代目)はもっと高価な自転車を購入していますが、私は当分このGIANT ATX750で楽しませてもらうつもりです。

今朝はこの自転車で近くを走ってみました。メーターによれば時間は34分53秒、平均速度21.3km/h、走行距離12.46km、累計距離65.8km、最高速度28.9kmでした。
先週日曜日は所用があって自転車に乗れませんでした。次の日曜にはまた悪泥連隊か黒皮車隊のサイクリングに参加したい。
松山湖にはもう入れないので(先々週のサイクリングに記述)大嶺山森林公園を周回するコースを走るでしょう。アップダウンの中をどう走れるか楽しみです。

長安の自転車店

長安の街にも自転車店はたくさんありますが、スポーツ用の自転車を専門に扱っている店は二つだけのようです。

P1040949ひとつはGIANTの専門店。

黒皮車隊(サイクリングクラブ)の本拠地です。

国際ホテルの北側にあります。

P1040933もうひとつはMERIDAの専門店。

どちらも、初心者向けから上級者向けまで取り揃えてあり、シティサイクルから輸入物(海外ブランド)まで在ります。
MTBが殆どですが、折りたたみタイプや、ロード、ランドナー等もあります。

価格はメリーダの店のほうが同じランクの自転車では比較的安いように思いました。とは言うものの、好みの問題のほうがより強く購買力に影響するでしょう。
GIANTの店は黒皮車隊の本拠地でもあり、黒皮車隊のメンバーはGIANTに乗っている人が殆どです。一方、悪泥連隊の本拠地は悠遊食堂に在るため、ブランドはばらついていますが、MERIDAが非常に多くなってます。

価格は交渉次第です。若い女性のほうが有利になるようです・・・
店員は若い男性ですので、仕方ないでしょう。

P1030210_9

悠遊食堂(悪泥連隊サイクリングクラブの拠点)
中には悪泥連隊の活動の写真が飾られている。

長安の長青路のミロコーヒー交差点を西へ向かって進み、左へ入る交差点の角にあります。リーズナブルな価格でおいしい食事が食べられます。お店には日本人もよく行きますし、日本語のわかる台湾人や中国人も居ることが多いので、メニューがわからなくても助けてもらえると思います。

自転車-その三

昨日、自転車屋に行ってきました。

GIANTのATX750のパーツをBOANの自転車に載せ変えてもらうためです。
作業を始めて30分くらい、後ろの変速機を外すところで、店員が「750のパーツはこれには付かない」と言います。

750の変速機はSHIMANOのACERAですが、フレームの構造が違うため取り付けできないと言うのです。仕方ありません。そのまま、元通り戻してもらうことにしました。

残念ですが、ATX750にDEOREを載せるのはあきらめて、現状のまま乗ることにしました。

しばらくこのまま乗って、機会があれば新車に買い換えることにしましょう。
店にある自転車を見せてもらいましたが、MERIDAのChallenger Proと言うのがDEOREを載せていてディスクブレーキも付いて4000元ほどです。なかなかよい自転車だと思いました。
  http://www.merida.cn/cn/products/particular.asp?PDTypeID=14&ProductsID=194

インターネットで見るBridgestoneのANCHOR SPORT FR900も魅力的でしたが、輸入することを考えると買えません。日本での定価は99,800円です。

次回購入時の筆頭候補にはChallenger Proでしょうか。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント

SEO
TOMCAT SYSTEM
ブログパーツ
byできるじゃん
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30